命短し、恋せよ私。

ねこと、いぬと。
ついでにだんなと日々の出来事をば。

3猫3様。

看護師さんに


....うにちゃんに対して、ずっと敬語でしたね。


痛かったですか?とか
頑張りましたねとか。
なんか....面白かったですと
ふふっと笑われる。


ああ。
それは、うにが家に来てからずっとだったので
特に気にしておりませんで
孫が出来たら
ずっと綺麗な言葉を使いたくて...聴かせたくて.....
そういう風に育てたかったから
(自分の子で失敗しているので)
うにに対して投影してたのかも。


しかし
うには猫で
言葉は発せないわけでして
考えてみたら
嗚呼....なんてこった。


でも
その育て方は
うにに対してだけ、だったらしい。


そらにも
るいにも
にゃー言葉。


痛かったにゃ?
頑張ったにゃ。
えらいにゃ~♪


そらも るいも 自己主張がすごい。
気に入らないと結構色々けしかけてくる。
寝ていると顔に前足...
それでも起きないと爪を出してやんわり押し付けてくる。
それでも起きないと鼻を齧られる。(るい)
旦那がよくやられるのはカーテン落ち。
カーテンによじ登ってそこから
お腹をめがけて落ちるという荒業。(そら)


うにはものすごく大人しく、仕草が上品だと家族から言われる。
自己主張もあまりなく
お腹が空いて
ご飯が食べたいというご要望も
小さく短く鳴くだけ。
こちらも聞き逃さないように配慮させていただく...という。
猫も育て方で性格が変わるんだろうか。


.....って、定かではないが。



今朝のうにさん。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。