命短し、恋せよ私。

ねこと、いぬと。
ついでにだんなと日々の出来事をば。

自宅輸液中。

お医者さんからの手ほどきで輸液開始。
暴れる事はないが宥めながら毎日50CC。
結石は取ったとしてもまた再発
入院と手術でストレスを与えるよりも
自宅で気ままに居たほうが
猫にとってもいいと先生が仰り
手術は受けない事に。
大学病院だからなのか
手術は諭吉30枚だそうだ。
その間、8日間の入院と検査と治療で16枚の諭吉が飛んでいった。
ため息....だけど頑張って働くしかない。


50ccの輸液と、お水も飲んでくれているみたい。
30ccの水で固まった猫砂の塊が約100g。
そらのトイレは、
そらしかしないのでわかりやすい。
一昨日が298g、昨日が310g各日3回分の塊。
概算だけど100ccくらいの尿は出ている模様。
そらは3キロなのでそのくらいでいいらしい。

350g体重も増えた。
何か食べたいときや
お水を飲みたいときは声を出して催促してくれる。
水飲み場は増やしたが
トイレの手洗い場の水道からぽたぽたと落ちる水がお気に入り。


けれど
るいがまだシャーシャーしてくる。
そらが戸惑っている。
ま、徐々に....ね。
と、そらをなだめる。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。