命短し、恋せよ私。

ねこと、いぬと。
ついでにだんなと日々の出来事をば。

日出処の...

HINOMARU...
ダウンロードさせていただきました。


脈々と続く
日出処の国におられたであろう先人の想いが
鳥肌となって伝わりました。
嗚呼、日本人でよかったです。
ありがとうございます。


先日、
突然次男から
「おかん、日本に生まれてよかった。
感謝してる」って言われた。


私の御蔭ではない。
私たちは多分「大きな縁の中」にいる
私の父も母も
旦那の父も母も
ご先祖様も。


今、生きている者たちは
延々と見守られていると思う。


そして、
私が亡くなったら
見守っていくと思う。
その縁の中に入って
血縁であるものたちを
外れないように
外さないように
見守っていく。
ずっとずっと。


たぶんね。


でさ、


なんであのヒトたちは
歌うなだの
廃盤にしろなんて
言えるんだろうかね...。
何から外れているんだろうか。ね。



伯母の死。

伯母が亡くなった。
突然のことで
皆がショックを受けていた。
齢88。
亡くなってもおかしくないはずの年齢ではあるが
なんとなく
漠然と伯母だけはずっとずっと生きていける気がしていた。
親戚のみんながそう思っていて
それぞれが
それぞれの哀しみに浸っていた。
私にとっては
先に亡くなった母の面影がとてもあった伯母だったので
深く沈んでしまった。
微笑む遺影に
「ありがとうございました。」と、
お礼を言った。


母が亡くなってから色々心の支えになってくださっていた。


「ありがとうございました」


それしか言えなかった。

一病息災。

暫く自分の身体を無視していたツケが...。
ま、自業自得です。^^


廻りはとても幸せな喜びに溢れていて
そのお裾分けの元気を頂いている感じです。


お会いしたいなぁとか
赤子を抱っこしてみたいなぁ...とか。とか。


ちょっと我がままな自分がいます。


やっと春だね。
こっちはやっと雪が融けました。


予報では、
こっちは4/17に櫻が咲くんだそうだが
まだ寒い。


皆様も一日幸せに
一日一回でもいい事がありますように。
ふふって笑える出来事がありますように。


頑張ろうね。